個人向けサービスを利用する〜不動産会社の利用〜

Real estate

不動産会社の利用

不動産会社とは一体何か

不動産会社と聞いてみなさんはどのようなイメージをお持ちになるでしょうか。部屋を借りに行くとき、もしくは不動産を買うときに行く会社というイメージをお持ちのはずです。そのようなイメージで概ね間違いではないのですが、ここでは皆さんがイメージするいわゆる不動産会社をもう少し深く掘り下げて解説していきます。皆さんのイメージの不動産会社は不動産仲介会社と置き換えることが出来ます。「仲介」ですから、簡単に言うと結びつける役目を担っているのです。つまり、賃貸住宅であれば「貸主」と「借主」を結びつけますし、売買の場合においては「売主」ち「買主」を結びつける役割が不動産仲介会社なのです。その不動産会社が物件を持っているという訳ではないところがポイントです。

仲介会社はどのようにして生計を立てているか

では不動産仲介会社はどのようにして収入を得ているのでしょうか。それは仲介が成立した暁に収受する仲介手数料によって生計を立てています。貸主・借主または売主・買主双方から依頼を受けた場合においては、不動産仲介会社はそれぞれから仲介手数料を収受します。もちろん片方だけからしか収受できないパターンもあります。業界内では双方から仲介手数料を収受できる場合を「両手」、片方のみからしか手数料を収受できない場合を「片手」などという表現をします。物件が存在して不動産会社は成り立っているため、まずは貸主もしくは売主から物件を預かり、そして買主を見つけて両手を狙うというのが不動産仲介会社にとっての王道のパターンであると言えます。