個人向けサービスを利用する〜不動産会社の利用〜

Real estate

不動産の相続

相続人が複数いませんか

親が死亡して不動産を相続した場合、遠方であればその不動産の管理に困ることもあるでしょう。空家のままでも固定資産税がかかります。空家のまま放置しておくと、思わぬトラブルを引き起こしかねません。ではその不動産を売却する場合には、どのような手続きが必要でしょうか。まずその土地は本当に自分だけのものになっているのでしょうか。相続登記は済んでいますか。親が死んだ場合、財産は配偶者と子供で分割します。相続人が一人であれば問題ないのですが、複数いる場合には遺産分割協議書を作成しておくことが大切です。後からもめることもあるからです。不動産の場合、複数人で分筆することも出来ますが、費用もかかりますし売却するときにも何かと面倒です。そこで土地を相続する場合、ほかの金融資産と相殺して受け取ることが多いようです。

遺産分割協議書や登記の移転など、専門家のアドバイスを受けたほうが得策です

もし不動産以外に金融資産などがなく売却するつもりなら、売却代金を相続人で分割するようになります。書類上の手続きも、最初に相続登記をした後で、不動産会社と売却のための媒介契約をむすびます。売買契約が成立すれば所有権移転登記を行います。登記には費用もかかりますし、土地を相続した時点で相続税、売却した時点で譲渡益の申告が必要になります。手間のかかる作業ですので最初から専門家に依頼するほうが簡単ですし、親族の間でもめ事を起こさないためにも得策だと言えます。まずは遺産分割協議書の作成からはじめましょう。また、借金などが残っている場合には、それもあわせて引き受けることになります。不動産だけ相続して、借金だけ免れるということはできません。反対に相続放棄すれば不動産さえも手放すことになります。財産をよく確認した上で手続きを開始すべきです。専門家のアドバイスを受けながら慎重に進めてください。